組織の未来は
エンゲージメント
で決まる

エンゲージメント向上プロジェクト

私たちは、未来に向けてよりハッピーな組織、チームづくりのお手伝いをするコンシェルジュです

チームや組織にとって、いちばん大切なエンゲージメントとは

従業員一人一人が企業の掲げる戦略・目標について
適切に理解し、自発的に自分の力を発揮する貢献意欲

ワークエンゲージメント
(仕事ー社員)
主体的に仕事に取り組む心理状態
『仕事が好き!』

×

従業員エンゲージメント
(組織ー社員)
組織に対する自発的な貢献意欲
『組織が好き!』

エンゲージメントを「見える化」して全員で高めていく

wevoxはエンゲージメントを左右する9つのキードライバーを定点観測します。見える化して一喜一憂するのではなく、未来の眼で今を見て、メンバー全員でエンゲージメント向上を意識した経営に取り組みます。9つのキードライバーから効果的な打ち手を生み出していきます。

幸せに働く改革のすすめ

『組織と人の関係性』、『上司・部下との関係性』が注目されていますが、自分自身が自立して、考えて行動できなければ、組織や他者との心地よい関係性を築くこともできないのではないでしょうか。
自分と向き合い、自分と対話することがすべての始まりになります。AIにとって変わる仕事が話題にあがるなか、人が研ぎ澄ましていく力、それがセルフマネジメントになります。自ら考えて、行動できる人は、チームや組織の理解も進み、共感、共鳴し、心地よい緊張感を生み出します。

セルフマネジメント
セルフエンゲージメント

成長を促し合う対話
チームエンゲージメント

理念・戦略・文化
コーポレートエンゲージメント

すべての仕組みにつながる一貫性のある良い塩梅を

組織づくりは、組織に属する社員一人ひとりが当事者意識を持って取り組み、流行に流されず、自社の環境・業務・人材に合った組織構造をつくることが要になります。
最も希少な経営資源である人の価値を最大限発揮するために、メンバーが自ら考えて行動するセルフマネジメントを仕事で習慣化し、成長を促し合う対話があふれる組織づくりに取り組まれてはいかがでしょうか。
個人のPDCAをセルフマネジメントの仕組みで、組織のPDCAをwevoxで回しながら、人のこと、組織のこと、事業のこと、一貫性のある良い塩梅を実現していきましょう。